クロスダイアリー

↓(*ランダムTOP掲載中)↓日記というよりはネタ、イラストの記事中心です。版権イラストや漫画を載せています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エミリーローズ過去SS

こんばんは、オレです。
今日は電車の中で唐突に「(エミ子の過去小説かきてえ!)」と思いました。
マンガにすると膨大な時間がかかるし、小説みたいなSSを一回書いてみたかったのです。
勢いで序文だけ描いたので、良かったら読んでくれると嬉しいです。

ちなみにエミリーローズとはオレの描いてるRO漫画で生まれたキャラなんですが、皆がエミ子を気にいってくれて、本人である自分もめっちゃ気にいってしまったのがこの子。
ラグナロクオンラインのロードナイトで、敵方ギルドの女の子。
はちゃめちゃで自分勝手な性格の女剣士です。
W000008.jpg
↑コイツ

じゃあ、そんな長くないけど、壮大なオナニーなんで続きから貼ります。


序文

虚空に青々とした大空が広がっている。
雲ひとつない空だ。私は広々とした大空が嫌いだ。
すべてを祝福したような面をして燦々と輝いているくせに、必ずどこかに陰を落とすのだ。
閉塞感のある曇りは平等だから好きだ。
そして、何もかもを洗い流してくれそうな雨は最高だった。


ーー首都プロンテラ。
世界の首都ではあるが、流通は芳しくなく、商圏としてはイマイチである都。(故
に露天がまかり通り、繁盛している。)
しかし、古い歴史を持った騎士団と大聖堂を要し、首都としての荘厳なる趣があ
る。

私はそんな荘厳なる歴史深き大聖堂の下にいた。
天空に掲げた十字架が屹立してる真下で、私は血塗られていた。

いつも人を斬る時は気分が重くなる。
こいつにも人生があるんだろうだとか、家族や仲間があるんだとか考えると、なんだか面倒臭くなるのだ。
だが、しぶしぶ依頼を受け、しぶしぶ人を斬ると私は言いしれぬ満足感を得る。
脳をジーンと濃密で甘味な感覚が支配し、胸がじんわりと熱くなる。
背徳感や虚無感を勝る圧倒的な愉悦感。
私はその時だけ確かな゛個゛を得ることができた。

そう、私はエミリー・ローズ。戦争ギルド、ネメシスコアのギルドメンバーだ。

今日は雨が降っている。
雨が剣に付いた血を洗い流してくれていたーーーー


W000006.jpg


ーー六年前

父親は騎士団の騎士だった。
騎士団の猛者であった父親だったが、狂犬バルドラと仇なされ、多くの騎士に恐れられていた。
そんな父親は女である私が生まれた事を快く思わなかった。
女の騎士はなんら珍しくなかったが、厳格な父は男の跡取りを欲したのだ。
故に男が生めなかった母親に当たり、母親のストレスが私を襲った。
「あなたは生まれた瞬間から祝福されてなかったんですよ」
年老いたババァのメイドがそう言っていたのを覚えている。
父親や母親はメイドを物同然、いや、それ以下に扱っており、父、母に愛されない私を見て、メイドは私を物同然に扱った。
父親は徹底的に私を放置した。というより全く興味がなかったのである。
母親は私を虐待していた。
罵り、殴り、蹴り、理不尽な暴力を浴びせ続けた。

が、それも直になくなった。
なぜならローズ家に待望の男子が生まれたからである。
父親は母親を責めなくなり、二人は息子を寵愛した。
メイド達も胸を撫で下ろすように、それを祝福した。

W000007.jpg


私は本当の意味で孤立した。
今までは屋敷内で生活を許されてたが(とはいっても屋敷の物置部屋だった)
今では屋敷の離れにある、倉庫に放り込まれたのだ。
息子の目に止まらぬよう、隔離され、隔絶された。

今ではあの虐待すら望ましかった。
殴られ、罵られても、そこには相手がいたのだ。
今はそれすらない。
屋敷の離れで1人、人の目につかず、生かされた。
下流貴族ではあったが、名は汚せなかったのだろう。
私は捨てられず、構われず、ただ穴蔵に閉じ込められた。




てな感じで序章終了です。
う~~ん、台詞殆どないし、文章つくんの基本下手なんで、やっぱイマイチですね。
でもサラサラとエミ子の過去が書けたのは良かったので飽きるまでやろうと思いますw

最近はFF4漫画にファリス全ジョブに、ネメコア漫画にラグナガイアと絵に対する情熱、いわゆるパッションが沸々とわきあがってますwこの流れを大事にしていきたいなと思います。ナイスデース。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tonkotukotukotu.blog73.fc2.com/tb.php/461-e205cc4d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。